>  > 鯉のぼり こいのぼり 吉兆 こいのぼり ベランダタイプ 1.2m ベランダタイプ ベランダ用 徳永鯉 ベランダ用スーパーロイヤルセット

鯉のぼり こいのぼり 吉兆 こいのぼり ベランダタイプ 1.2m ベランダタイプ ベランダ用 徳永鯉 ベランダ用スーパーロイヤルセット



着後レビューを 書かない 書く(プレゼントあり)

  • 鯉のぼり こいのぼり 吉兆 1.2m ベランダタイプ 徳永鯉 ベランダ用スーパーロイヤルセット|morisa8|01
  • 鯉のぼり こいのぼり 吉兆 1.2m ベランダタイプ 徳永鯉 ベランダ用スーパーロイヤルセット|morisa8|02
  • 鯉のぼり こいのぼり 吉兆 1.2m ベランダタイプ 徳永鯉 ベランダ用スーパーロイヤルセット|morisa8|03
  • 鯉のぼり こいのぼり 吉兆 1.2m ベランダタイプ 徳永鯉 ベランダ用スーパーロイヤルセット|morisa8|04
  • 鯉のぼり こいのぼり 吉兆 1.2m ベランダタイプ 徳永鯉 ベランダ用スーパーロイヤルセット|morisa8|05
  • 鯉のぼり こいのぼり 吉兆 1.2m ベランダタイプ 徳永鯉 ベランダ用スーパーロイヤルセット|morisa8|06
  • 商品情報

慶祝の鯉 吉兆 けいしゅくのこい きっちょう   慶祝の鯉吉兆は、日本画家徳永春穂によって描かれ、製作した最高級の一品です。素材は絹の風合いのポリエステルに歴代の帰属に好んで用いられた高貴な桐竹鳳凰と麒麟柄を織り込んだ、ジャガード織りに伝統の手染め友禅ぼかしの技法を用い染め上げ、鯉のぼり全体にはアルミ金箔をちりばめ、より豪華絢爛に仕上げました。 吹き流しは、伝統の五色に吉兆柄の波立涌模様を基調とし中心の龍は、登龍門伝説の龍に、より飛躍するようにと、翼を付けた最高位の飛龍を描きました。 又、最高級にふさわしく、雨水をはじく撥水加工鯉のぼりです。 日本の伝統行事、端午の節句にぜひ、最高級品の慶祝の鯉 吉兆でお祝いください。  ※着後レビュー特典のハンドタオルは予告なく柄が変わる場合がございます。ご了承下さい。

商品説明

《慶祝の鯉 吉兆》
《ベランダ用スーパーロイヤルセット》
◎高貴な桐竹鳳凰と麒麟柄を織り込んだ、ポリエステルジャガード織り生地を使用
◎吹流しは、伝統の五色に吉兆柄の波立涌模様を基調とし、登龍門伝説の龍にさらに飛躍するようにと翼を付けた、最高位の「飛龍」を描いた、飛龍吹流しです。
◎この鯉のぼりは水をはじき雨に強い撥水加工が施されています。
◎この商品の吹流しには、別料金にて家紋?名入れ?花個紋入れを「家紋?名入れ」よりご注文下さい。
(基本色?青)「家紋?名入れ」よりご注文下さい。

◎この商品には2m?0.8mのピンク鯉がございます。
こちらよりご注文下さい。

鯉のぼりセット内容(1.2Mタイプ)      
 黒鯉 赤鯉  青鯉  吹流し  矢車 ロープ  ポール
 1.2m  1m  0.8m  1.2m  26cm  5m  1.8m

家紋タイトル
F-1F-2F-3
F-4F-5F-6
F-7F-8



鯉のぼり こいのぼり 吉兆 こいのぼり ベランダタイプ 1.2m ベランダタイプ 徳永鯉 ベランダ用スーパーロイヤルセット :194121152:森景 ベランダ用 ヤフーショップ

布を裂いてまた布を織り新たな物語を纏わせる

ton | だいなみっく裂織
ton | だいなみっく裂織
15234 home,page,page-id-15234,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.5,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.3,vc_responsive

ton3
古い着物を最後まで使い切るための伝統的な再生手段 である”裂き織り”の技法を用い古き良きものを新しい感覚で蘇らせています

The Japanese mentality of“MOTTAINAI (a  feeling of reuse, recycle or  repair)” contributed to the birth of the Sakiori weaving.
The artist, Tomoko Hirasawa uses this traditional Japanese weaving of recycling old kimono and revives them into entirely new and modern creations.

私たちが出会う古いものたちは、その場に留まらずに、作り手の元を離れて旅をはじめ、
時代を経て、場所を変え、その時々で大切にしてくれる人と過ごし、
その都度、豊かな感性を蓄えながら悠々と成熟していくように感じます。
私が古いものに心惹かれるのはそういう物語があるからなのかもしれません。
古い着物が教えてくれる歴史や思い出を感じつつ、
新たな記憶やひらめきを重ねることができる裂き織りが私は大好きです。

 

-裂帯作家 TomokoHirasawa-
鯉のぼり

GALLERY

今までに創作したバッグやアクセサリなどの作品や展示の様子など。

ESSAY

だいなみっく裂織を通して思うさまざまなことの覚え書き。